カテゴリー別アーカイブ: 初心者対応

履修

~ 諸注意 ~
制度上は59単位を取得しなくてはならない上(実際はこれより少ないが)、教育実習や介護(養護)実習などもあります。それでも興味のある方はとりあえず新学期直後の教職課程のガイダンスに出席して確認してください。
また、教職課程には様々な授業をとる必要がありますが、特に情処や体育(2単位)は時代にとっておきましょう。そうでないと情処だけのために来日ということになります。
厳しいことも言いましたが、学生時代には教職の設置科目は多くないので、そこまで負担にならない場合は2年生の間だけでも履修してみるというのもいいでしょう。そこでさらに学びたい、教職を本格的に取りたいと思ったら履修してみるといいかもしれません。

フレッツの営業担当

<フレッツ営業担当(後期) 内田>
授興:C 授楽:B 単楽:B A楽: B
出席:時々 ノート:微妙… 成績: 小テスト+期末テスト
1回あったビデオ授業はそれなりに良かったが、他の普通の授業ははっきり言ってつまらない。先生が近世の教育哲学者の思想を浅く話していくだけ。小テスト(出席代わりに数回の授業に1回の抜き打ち)や期末テストはあまり授業に直結しない一般的な教育問題なので、ちゃんと受ければ単位は来るはず。